wpxサーバーのメリットは自動バックアップ?プラグインWP-DBManagerいらず

dbmanager

ワードプレスブログを使っていると、いきなりさまざまなトラブルに見舞われます。

中でも一番怖いのが、データが消えてしまうこと!

そんなときに一番おすすめなのがwpxサーバーです。

メリットは何といっても自動バックアップ、まさにバックアップいらずです。

 

今回はwpxサーバーを使っていない人におすすめのプラグイン[WP-DBManager]を紹介します。

ワードプレスブログのバックアップ

いきなり起こるトラブルに対応するためにもしておきたいのがバックアップ

 

しかし、wpxサーバーを利用している方には今回のプラグインは必要ありません!

wpxサーバーのメリット

ワードプレスに特化しているからこそのサービス

データの自動バックアップサービス

この機能がついているので、バックアップ専用のプラグインを入れる必要はありません。

こちらの記事でwpxサーバーの魅力を紹介しましたが、書ききれなかった内容ですね。

関連:ワードプレスのサーバーはどこが良いの?

 

wpxサーバー以外のエックスサーバーなどを利用されている方は

バックアップするプラグイン【WP-DBManager】の設定方法を解説します。

wpxサーバー利用者の方は次のステップに進まれてください。

wpxサーバーにFFFTPをインストールする方法は?

 

WP-DBManager

『プラグイン』⇒『新規追加』⇒『WP-DBManager』を検索

インストールして有効化

参考:プラグインのインストールと削除方法は?

dbmanager1

設定よりも更に下に『Database』が出現していると思います。

『Database』⇒『Backup DB』

dbmanager3

一番下の部分を『YES』に変更し『Backup』

※圧縮してバックアップをするように設定

dbmanager2

『Database』⇒『DB Options』

dbmanager4

『Paths』という項目の『Maximum Backup Files』『5に変更』

※サーバーにバックアップとして保存するデータの個数

最初は10になっていますが、サーバーに保存するファイルが多くなるとサーバーが重くなってしまうので、5個くらいがおすすめです。

dbmanager5

『Automatic Scheduling』の項目の中の『Automatic Backing Up Of DB』を変更

毎『3』『Day(s)【日】』Gzip『YES』

※自動バックアップの更新頻度の変更  おすすめは3日後とのバックアップで圧縮あり

最後に『Save changes』

 

これで、WP-DBManagerの設定は完了です。

万が一に備えて、バックアップだけは確実に行えるようにしておきましょう!

 

その他のおすすめプラグインはこちら

⇒【ワードプレスのおすすめプラグイン23選

毎日平均5.6人が続々登録してくださっています!!


コメントを残す

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!