ブログ記事が検索されない!?すぐに検索される方法があった!

wp11

ワードプレスでブログを構築した後の設定として、Google Search Consoleへの登録を行う必要があります。

こんな経験ありませんか?

ブログ記事がインデックスされないインデックスが遅い検索されない

そんなときにXMLサイトマップと言うものを送信することによって、インデックスを早めることが出来ます。

さらに、Google Search Consoleを用いることで、ブログ記事を検索結果に早く表示させることが出来るんです。

グーグルサーチコンソール設定登録方法を解説します。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

この設定が終わっていることが前提となります。

手順どおりに進めていただいている方は問題なく完了していると思うのでご安心ください。

⇒【wpxサーバーの登録

⇒【プラグインAll in SEO Pack

⇒【プラグインGoogle XML Sitemaps

 

グーグルサーチコンソールとは、インデックスを早めるためのサービスだと考えてもらえるといいかと思います。

インデックスについては、こちらの記事で既に学ばれてなんとなく理解されていると思います。

⇒【グーグルロボット用の目次を作る?インデックスって何?

 

インデックスとは、簡単に言うと、Googleなどで検索したときに検索結果に表示されるかどうかのことです!

しかし、作ったばかりのブログなどは、インデックスが遅いです。

ワードプレスブログの開設当初であれば、1~2週間ほどインデックスに時間がかかることもあります。

 

グーグルのサービス『サーチコンソール』を使うことで、作ったばかりのブログでもその日のうちにインデックスさせることが出来るんです!

 

設定登録方法を解説していきます。

 

サーチコンソール登録方法

まず、グーグルサーチコンソールの公式ページに行きます。

グーグルサーチコンソール公式ページ

 

console1

グーグルアカウントでログインします。

※グーグルアカウントはGmailのアドレスと一緒です。

console2

ブログURLを入力し、プロパティを追加

※自分のワードプレスで作ったブログのURLをコピーして張り付ければOK

console3

別の方法を選択します。

console4

一番上の『HTMLタグ』と言うラジオボタンをチェック

下に表示されるURLコードをコピーします!

ワードプレスを開く

ワードプレスにログインします。

こちらの設定は終わっていますか?※必ず先に完了させてください!
⇒【プラグインAll in SEO Pack

 

console5

ダッシュボードの記事投稿よりも上のほうに表示されている『All in SEO』⇒『一般設定』

console6

スクロールして下のほうに行くと、真ん中くらいに『ウェブマスター認証』と書かれた部分の『Googleウェブマスターツール』と書かれている部分にコピーしたコードURLを貼り付けます。
※英語の場合は、こう書かれていると思います。Webmaster Verification

貼り付けた後

貼り付けたコードURLを編集します

①content=”より以前の部分を削除

つまり、下のこの部分を削除します。

【削除】⇒  <meta_name=”google ~~~ ion” content=”

②一番最後の”/>の部分を削除

【削除】⇒ ”/>

こうなっていればOKです。

console6_2

『Googleウェブマスターツール』に入力されているコードが、英字と数字のみになっていたらOKです。

<マークや ” マークがなくなっているか確認してください。

よければ、

console7

一番下までスクロールして言って、『設定を更新』

グーグルサーチコンソール画面に戻ります。

console8

『確認』を選択

console9

ワードプレス側の設定がうまくいっていない場合は、この表示が出ます。

うまくいっていると・・・

console10

 

XMLサイトマップの設定

グーグルサーチコンソールの設定が完了したので、

Google XML Sitemapsで作成したサイトマップの登録をしていきます。

こちらが終わっていないと設定できませんので、終わっていない方は先に終わらせてください。
⇒【プラグインGoogle XML Sitemaps

console11

『続行』を選択

console12

『サイトマップ』を選択

console13

『サイトマップの追加/テスト』を選択

console14

『sitemap.xml』と入力して、送信

↓コピー用↓

sitemap.xml

 

ここまで終わったら、サイトマップの設定は完了です。

console15

反映までには時間がかかりますが、完了したら以下のようになると思います。

console16

グーグルサーチコンソールの設定は以上です!

お疲れ様でした!

よかったらメルマガも見ていってくださいね!特化型ブログで10万稼いで行くまでの方法を無料公開中です。

ヴィロガー荻原【公式メルマガ】

インデックスを早める方法

特化型ブログを作った当初などはブログのインデックスが遅いです。

こんな悩みを抱えている方が多いのが実情です!

ブログ記事が検索されない

そんなときに、考えられる原因はたくさんありますが・・・

そもそもインデックス(検索結果に表示)されていない

そういう状態かもしれないので、まずそれを解消しましょう。

内部リンク

既に書いて、インデックスされている記事から、内部リンクを張るということです。

内部リンクとは、

自分のブログ内の記事を、別の記事で紹介すると言うことです!

 

こんな感じですね!

 

こちらの記事も是非読んでいってくださいね!

関連記事:WordPressブログの作り方と手順~パソコン初心者でも簡単に理解できる~

 

更に効果的なのはアクセスが集まっている記事からリンクを貼る方が効果が高いです。

内部リンクを張ることで、インデックスを早める効果があります。

インデックスの調べ方

そもそも検索結果に載っているかどうかはどうやって調べるのでしょうか?

自分が狙って書いたキーワードで調べて、1ページ目から地道に見ていく?

think
出典:tamenal.com

安心してください!方法はありますよ♪

console17

『記事を公開』した後、URLをコピーします。

console18

グーグルなどの検索窓に【site:】を先頭につけて検索をするんです!

↓コピー用↓

site:

例)【 site:http://vilogger01.com/mail/ 】検索

そうすると、検索結果からインデックスされているかどうかが分かります。

console19

こう表示される場合は、インデックスされていない状態です!

対策が必要な可能性があります。

例えば、先ほどの例で出した【 site:http://vilogger01.com/mail/ 】を検索すると・・・

console24

このように表示されます。

この記事はインデックスされている状態です!

 

Fetch as google

さらに即効性のあるとっておきの方法があるんです!

Fetch as googleと言う機能を使います!

グーグルサーチコンソール経由で、Googleに記事を投稿したことを伝えて、インデックスしてもらうと言うものです!

 

これは、かなり即効性があるので、ブログ作り立ての頃であっても、

Fetch as googleをするだけで、すぐインデックスされます。

グーグルサーチコンソールの画面を開きます。

グーグルサーチコンソール公式ページ

console20

『クロール』⇒『Fetch as google』

③URL入力部分は、【http://●●.com/】の部分は除いて入力します!

④PCが選択されているまま、『取得』

console21

パスと書かれている一番上の部分に新しい行が追加されているので、『インデックスに送信』

console22

『私はロボットではありません』⇒『このURLのみをクロールする』⇒『送信』

 

先ほどの調べ方と同様のことをすると・・・

console23

たったの10分後です。

しかもこのブログは、ブログ開設から一週間しか経っておらず、

この記事が1記事目20分前に公開したばかりです!

 

これで、検索される ⇒ インデックスされた

と言う状態になります。

 

検索の1ページ目に出るかどうかは別の対策が必要となってきます!

 

特化型ブログなどで1ページ目に表示されるようにするための対策などは、メルマガ読者限定で公開中です。

興味があれば、画面下の登録フォームからどうぞ

 

ワードプレス構築を完了させるためにはこちらをご覧下さい

⇒【WordPressブログの作り方と手順~パソコン初心者でも簡単に理解できる~

毎日平均5.6人が続々登録してくださっています!!


コメントを残す

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!