鼻うがいは花粉症に効くの?効果と安全性やネティウォッシュなどの実践方法

近頃寒くなってきましたね~

私の周りもほとんどの人が風邪を引いています…

私は風邪よりも恐ろしいのが「花粉症」です!

しかし!「鼻うがい」を実践する事によって

これから先は花粉シーズンが到来するのが恐くなくなるかもしれません!

鼻うがいの効果や安全な実践方法を紹介します!

鼻うがいとは?

「鼻洗浄」とも呼ぶ

・鼻から専用の洗浄剤や生理食塩水を注入して、ほこり、ウイルス、うみなどの汚れを取り除く方法

・鼻の奥にあたる上咽頭(じょういんとう)(鼻の奥と喉の境界付近で、その少し前方の耳管咽頭口から

中耳とつながっている部分)まで洗うことができるので、鼻をかむよりすっきりとした感覚になる

鼻うがいの効果

・風邪・インフルエンザ予防

鼻の中の雑菌、細菌、ウィルスを「鼻うがい」をする事で外へ洗い流すことが出来る

毎日手洗い・うがいを行う感覚で、「鼻うがい」を行うと効果的

・花粉症・鼻炎症

鼻に溜まった花粉、ハウスダスト、雑菌等のアレルギーの原因となる物が体内に入る事で

身体は花粉、ハウスダスト、雑菌等を外へ出そうと鼻水を大量に出すようになる

これが鼻炎の原因の一つ

「鼻うがい」をする事で鼻の中の汚れを外へ綺麗に出す為症状を軽くする効果がある

薬は一旦は鼻づまりが解消されても、また反動的に鼻をつまらせてしまう為、

洗浄の方が鼻薬より良い

・蓄膿症

蓄膿症は、通常は空っぽの状態の副鼻腔(頬、顔、目の周りの骨の空洞)に膿が溜まる事をいう

「鼻うがい」を行う事で副鼻腔内の膿や細菌などを体外に排出できる事から「蓄膿症」の症状改善効果が認められている

鼻うがい実践方

お湯を使おう!

水道水には、微生物が含まれる場合があります

口から微生物が入ったとしても、胃酸で微生物は死滅します

しかし、鼻から微生物が入った場合は死滅せず

神経を介して脳へ感染する恐れがありますので、絶対に水道水をそのまま使用するのは避けましょう!

一度沸騰させた水又は浄水(ミネラルウオーター) を使用しましょう

生理食塩水を使おう!

生理食塩水を使う事で、浸透圧の違いで痛みを感じない!

浸透圧【 水:0 鼻水:1 人間の細胞:0.9 】

水が鼻に入ると浸透圧の違うので、鼻の細胞に水が入り膨らむので痛みを感じます

鼻水の浸透圧と細胞の浸透圧はほぼ等しいため、鼻水が鼻にあっても痛くないのです!

逆に!浸透圧が鼻水(1)よりも高い生理食塩水を使うと、

鼻の細胞から水分が吸い取られてしまい、鼻の細胞が破壊されてしまいます…

正しい浸透圧の生理食塩水を使いましょう!

 

生理食塩水の作り方

基本は、人間の体液の浸透圧と同じ、0.9%の食塩水 【水:1ℓ 塩:9g】

1回に1リットルも使わない!という方は半分量 【水:500ml 塩:4~5g】

1回に500mlも使わない!という方はもう半分量 【水:250ml 塩:2g】

※作り置きは、衛生上良くない為、

その都度作る 又は 24時間以内に使い切る

この条件を徹底して守りましょう!

食塩ではなく、天然塩を使おう!

精製した真っ白な食塩は化学合成品と同じです

体と相性が良くありませんし、悪影響を及ぼす可能性もあります

 

一方、海水から作った天然塩は血液とイオン構成が同じです

体との親和性が高く炎症抑える効果があります

ネティポットを使おう!

「鼻うがい」は器具を使用せずに行う事も出来ます

しかし、器具を使用する事で鼻うがいによるリスクを回避する事も出来ます

「ネティポット」が有名になりました

急須のような形をした、鼻うがい専用のポットです

※使用後は洗浄・乾燥させ清潔に保つ事が必要です

ネティポットでの鼻うがい方法

出典:youtube.com

鼻うがいのリスクや注意点

注意点

中耳炎

鼻うがいの最中に唾を飲み込むと水が耳管に水が流れ込む可能性があります

汚染された洗浄水が耳に入ってしまうと中耳炎になる恐れがあります

水を注入時「エー・アー」等と声をだしながら行うと、耳への圧力を軽減し気管に入ってしまうのを防ぎます

鼻うがい直後

鼻を強くかまない

埃の多い場所へ行かない

タバコを控える

鼻うがいの回数

鼻うがいは一日の制限回数は最大3回までにしましょう

やり過ぎはかえって粘膜や線毛の負担が増し、大切な免疫成分をも洗浄し流してしまう事になります

朝晩の一日2回がおすすめです ※鼻うがいの塩水が耳官へ流れ込むのを防ぐ為、就寝直前は控えましょう

風邪を引いている時は控えましょう!

鼻うがいのリスク

アメーバ脳炎

昨年、米ルイジアナ州で「ネティポット」と呼ばれる鼻洗浄器を使用してアメーバ脳炎で死亡する事故が2件発生した。これを受けて、米食品医薬品局(FDA)は「消費者健康情報(Consumer Health Information)」の8月号で、鼻洗浄器の不適切に使用しないよう呼び掛けた。2件の事故はいずれも原発性アメーバ性髄膜脳炎によって死亡しており、その後の調査から、鼻洗浄の際に使った水道水に含まれる「ファーラーネグレリア(Naegleria fowleri)」というアメーバとの関連が示唆されている。

引用:kenko100.jp

FDAは鼻洗浄には滅菌済みの水を用いること白湯(さゆ)を使う場合には清潔な容器に保存して24時間以内に使い切ることなどを推奨している。また、ネティポットの使用に当たっては、手や器具をよく洗って乾かして用いること、使用上の注意に従うことなどを勧めている。

引用:kenko100.jp

まとめ

鼻うがいには、様々な効果がありますが

実践方法や「鼻うがい」に用いる器具の使用方法等を誤ると重大な病気になる恐れもあります

使用方法に不安がある方や、初めて使用する方は必ず医療関係者に相談しましょう!

しっかりとリスクを理解した上で、「鼻うがい」を行うように心がけましょう

ヴィロガーの荻原でした。

質問や疑問など

質問や疑問などがあれば、コメント蘭も併せてご覧ください^-^

また、私のメルマガではブログではお伝えしきれない
濃厚な話やテクニックを惜しむことなく公開しているので
さらに情報を知りたいと思いましたら、是非参考にしてみてください。

毎日平均5.6人が続々登録してくださっています!!


コメントを残す

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!