【アクセスアップ】グーグルアナリティクスの使い方講座!

自分のブログでどの記事がよく読まれているのかを調べるにはGoogleアナリティクスで調べることが出来ます。

よく読まれている記事が分かると、そこからさらに他の記事へ誘導しPV数をアップさせることができますし、ブログの改善箇所も具体的に見えてきます。

しかし多くの人は

  • よく読まれている記事がどれなのか分からない・・・
  • そもそもGoogleアナリティクスの使い方が分からない・・・
  • 分析といってもどこを見ればいいのか見方が分からない・・・
  • どのようにブログに活かせばいいのか分からない・・・

このような状況だと思います。

この記事では、Googleアナリティクスを使ってよく読まれている記事の探し方や、実際に私が行っているGoogleアナリティクスを活用ブログやサイトの分析方法について、具体的な事例と共にご紹介していきますので、ぜひ参考にされてみて下さいね!

 

Googleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスをまだ登録していない人は、こちらを参考にして登録を済ませましょう!

グーグルアナリティクスの登録方法

 

まずはGoogleアナリティクスの各項目を簡単に説明していきます。

「何となく分かったかも・・・」くらいの理解で問題ありません^^

サラッと読み進めてみてください。

 

Googleアナリティクスでは、ブログやサイトの状況を把握することができますが、大きく5つのレポート項目があります。

アナリティクス⑩

  1. リアルタイム
  2. オーディエンス
  3. 集客
  4. 行動
  5. コンバージョン

Googleアナリティクスは、自分が運営しているサイトの様々な情報を確認できますが、何をどう見ればいいのか非常に分かりにくいと感じている人も多いと思いますが、簡単に言うと「何を分析したいのか?」によって、見るべき項目が変わってきます。

Googleアナリティクスの項目は何を見ればいいの??

ブログやサイトをどのように改善したいのか?によって確認する項目が変わってきます。

例えばブログのどの記事が読まれているのかを知りたい場合は行動の項目から調べていきますし、アクセスアップをしたいという目的ならばページ滞在時間直帰率の項目をまずは確認した方がいいでしょうし、SNSからの訪問者が増えているかどうかを確認したいという目的ならば、集客の項目を確認する必要があります。

また、ターゲットとしている読者層(性別や年齢)を集められているかどうかを確認したいのであればユーザー属性の項目を確認することになります。

このように、明確な目的があって始めてGoogleアナリティクスの見方が分かってきますので、「ブログやサイトの何を改善したいのか?」を決めておくといいですね。

では、簡単に各項目について解説します。

 

1.リアルタイム

リアルタイムは、

  • 今現在ブログのどの記事が読まれているのか?
  • どの地域からアクセスされているか?
  • Googleクロームなどの検索エンジンからアクセスされているのか?
  • パソコンやスマホなど、どのデバイスからアクセスされているのか?

などが確認できる項目です。

 

特にテレビ番組の記事ネタや、スポーツの試合などを取り上げた記事などの場合、テレビ放送されているタイミングの反応をリアルタイムで確認することができます。

 

2.オーディエンス

オーディエンスは、ユーザーに関する情報を調べる時の項目です。

この項目では、訪問者数・PV数・平均セッション時間・直帰率など、ユーザーに関する幅広い情報を調べることができます。

また、特定の期間のデータも表示させることができるため、先月の状況と比べたりすることでどのようにPV数が変化しているかなど、月別に比較した情報なども確認することができます。

 

3.集客

ブログやサイトに訪れたユーザーがどういった形で訪問してくれたのか?などの情報を調べることができます。

検索エンジンでキーワード検索でサイトに訪れたのか、TwitterなどのSNSから訪れたのか、もしくはブックマークなどをされていて直接アクセスされたのかなどの情報が分かります。

 

4.行動

ブログやサイトに訪れたユーザーがどのように行動したのか?などがわかります。

どのページがよく読まれているのかや、どのページからどのページに読者が移動したのかや、アドセンス収益が上がっている記事・広告が表示されていない記事サイト内の速度なども確認することができます。

 

5.コンバージョン

設定した目標(商品購入など)に対してどれくらい達成できたか?を確認することができます。

基本的には、目標を設定していないと特にデータが表示されることはありません。

 

Googleアナリティクスを使った目的別ブログ分析方法

business-1836990_640

Googleアナリティクスでサイト分析を行うには、何を分析したいのか?という目的を持って見ていく必要があります。

いくつか目的別にGoogleアナリティクスの分析方法をご紹介していきます。

 

目的:ブログでよく読まれている記事が知りたい

運営しているブログでどの記事がよく読まれているかを知りたい場合、以下の手順で確認することができます。

[行動]⇒[サイトコンテンツ]⇒[すべてのページ]と進んでいきます。

アナリティクス⑰

 

[ページ別訪問数]の項目をみると各ページごとのページビュー数がわかります。

各記事URLごとにページビュー数が表示されるので目的の記事を探します。

アナリティクス⑱

 

また、[ペータイトル]という部分をクリックすると記事タイトルの表記に変更できますので、その上で検索窓にキーワードを入れて目的の記事を検索することも出来ます。

アナリティクス⑲

 

もし、検索しても表示されない場合は期間を長く(6ヶ月以上など)指定されてみて下さい。

アナリティクス⑯

これで表示されます。

 

 

目的:ブログやサイトのアクセスをアップさせたい

ブログのアクセスが上がらない原因を探す場合、以下の項目を重点的に見てみましょう。

  • 直帰率
  • 平均ページ滞在時間

厳密に言えばこの2つの情報だけでは不十分なのですが、まずはこの2つの情報を見るところから分析を始めていくと分かりやすいと思います。

直帰率

直帰率とは、ブログに訪れた人が関連記事などにも興味を示さず、ブログから離脱した割合です。

ちょっと分かりづらいですね。

例えば、今この記事を読んで下さっているあなたが、この記事を閉じたり別のサイトに情報を探しに行った場合、直帰率が上がります。

反対に、この記事を読んで下さった後に、別の関連記事などを読んで下さったりすると、この記事の直帰率はあがりません。

アナリティクスの直帰率解説図

つまり、直帰率が高い記事の場合は1人の読者につき1PVしか増えませんが、直帰率が低い記事の場合は1人の読者につき2PV・3PVとなっていくわけですね。

ですので、直帰率が高い記事がある場合はリライトなどを行い直帰率が下がるように改善していきましょう。

ただ、厳密に〇〇%以下という具体的な数字はありません。

これは運営している記事の種類やサイトの目的によってもかなり変わってくる数値ですので、「直帰率が85%と高すぎる!」と考える必要はありません。

例えば、かなり詳しく書かれたページであれば読者は満足して読み終わった後にブログを閉じるかもしれません。

しかしこれは読者の目的に十分に応えられた結果ですので、たとえ直帰率が上がったとしても問題ありませんね。

またAmazonのように商品購入を目的としているサイトやアフィリエイトリンクを貼っている記事であった場合、読者が商品を気に入って購入したのであれば、その後サイトを閉じるでしょう。

大切なのは、読者に色々な関連記事を読んでもらいたいと思っている記事の直帰率が低い場合や、単に記事の最後にプラグインで関連記事を紹介しているだけで読者目線になっていない紹介の仕方になっていないか?という目線で見ていくことです。

そういった部分を改善しながら、今の直帰率よりも低くしていくつもりでやっていきましょう。

平均ページ滞在時間

平均ページ滞在時間とは、簡単に言えば読者がページを読んでくれている平均時間と考えておくといいです。

正確には、最後に読まれたページの滞在時間は0秒となってしまいます。

 

平均ページ滞在時間の解説図

12:00から12:05まで読まれていたページAの滞在時間は5分、12:05から12:09まで読まれていたページBの滞在時間は4分となりますが、ページCに関しては12:09から12:15まで読まれているにもかかわらずブログを閉じた(離脱した)場合は0秒となってしまうのです。

ですので正確な滞在時間ではないのですが、どれくらいの時間をかけて記事が読まれているのかを確認する上ではとても参考になる情報です。

 

直帰率と平均ページ滞在時間を確認する理由

直帰率が極端に高かったり、平均ページ滞在時間が極端に短い場合は、検索意図と記事の内容がズレてしまっている可能性があります。

つまり、『ブログ記事を読んでみたけど探している情報が載っていなかった⇒別のサイトを探してみよう』と判断された可能性があるということです。

こういったサイトはグーグルからの評価もつきませんし、結果として上位表示もされません。

グーグルアナリティクスを使ってブログのアクセスアップのための分析を行う時は、まずはこの2つの項目を各記事別に確認してみて下さい。

 

記事別に直帰率と平均滞在時間を確認する方法

アナリティクス⑪

記事別の直帰率と平均滞在時間を確認する方法は、[行動]⇒[サイトコンテンツ]⇒[すべてのページ]と進んでいくと確認できます。

 

アナリティクス⑫

各項目をクリックして順番を並び替えたり、ドメイン以降の記事URL(https://vilogger01.com/〇〇〇〇-1ならの部分)を入力して個別の記事を検索することもできますので、目的の記事を探して確認してみましょう。

※ページタイトルへ変更すれば記事タイトルでも検索できます。

 

もし、検索しても表示されない場合は期間を長く(6ヶ月以上など)指定されてみて下さい。

アナリティクス⑯

 

これで表示されます。

 

目的:SNSからの流入がどれくらいか確認したい

現在は検索キーワード(SEO)だけではなく、SNSや動画デバイス(Youtubeなど)からのアクセスも重要視されており、色々な角度からのアクセスがあるブログが優良なブログという認識をされています。

そのため、ブログ記事をTwitterやFacebook・Instagramなどで拡散している場合、その効果がどれくらい出ているかを確認したいという人もいるでしょう。

効果が出ていればモチベーションアップにも繋がりますし、効果が出ていないと分かれば改善方法も検討できますね!

こうしたSNSからのブログへの流入がどれくらいあるのかもGoogleアナリティクスで調べることが出来ます。

 

アナリティクス⑬

SNSからの流入が現在どれくらいあるのかを確認するには、[集客]⇒[概要]と進むと確認できます。

ちなみに、各言葉の意味は下記の通りです。

  1. Organic Search:自然検索。つまりキーワードを入力してググってブログにたどり着いた数。
  2. Direct:サイトやブログに直接アクセスしてくれた数。ブックマークなどですね。
  3. Referral:他のサイトなどで紹介されてアクセスされた数。外部リンクなどですね。
  4. Social:SNSからアクセスされた数。

 

SNSからアクセスしたユーザーがどの記事を読んだのかが分かる

ユーザーフローという項目では、SNSからアクセスしたユーザーがどの記事に興味を持ち、どのように記事を辿っていったのかを確認することが出来ます。

アナリティクス⑭

[集客]⇒[ソーシャル]⇒[ユーザーフロー]と進んでいくと、各SNSからどの記事にアクセスされてそこからどのように記事を辿っていったのかが確認できます。

ユーザーフローを確認することでどんなコンテンツに興味を持たれやすいのか?内部リンクが効果的に効いているのか?といったことが視覚的に分かりますので、SNSを使った集客戦略の参考になります。

 

まだSNSを取り入れていないという人は、こちらの記事を参考にぜひSNSを取り入れてみて下さい。

検索以外のアクセス流入に繋がるので、ブログのアクセスをさらに伸ばすことも可能になりますよ!

Twitterを匿名でアカウント開設する方法!初心者でもわかる簡単な使い方も解説!

 

目的:リード文の効果を確認したい

リード文というのは、ブログの一番最初に文章を書く部分のことです。

リード文の解説

読者の目に一番最初に触れる部分、言いかえれば読者が必ず読む部分となるのですが、このリード文で読者の興味を惹きつけられないとすぐにブログを閉じられてしまいます。

そのためリード文はどても重要な箇所として考えられているのですが、しっかり読者の興味を惹きつけられているかどうかを確認する1つの指標がアナリティクスで確認できます。

アナリティクス⑮

 

[オーディエンス]⇒[行動]⇒[エンゲージメント]と進むと、読者がブログに積極的にかかわっている(セッション)時間ごとの数値が分かります。

「0~10秒の時間帯のセッション数が多い」=「読者がすぐにブログから離れている」ということなので、リード文で惹きつけられていないという判断が出来ます。

リード文を書かない人もいるかもしれませんし、考えずに適当に書いてしまっている人も多いと思いますが、リード文1つでその後のコンテンツを見てもらえるかどうかが決まってくるほど重要な部分ということが分かると思います。

リード文で読者をしっかりと惹きつけることが出来ればコンテンツ内の情報も読んでもらえますし、関連記事も読んでくれるかもしれません。

ページビュー数の項目も、セッション時間が長い時間帯の読者ほど数字が高くなっている(関連記事に興味を持ってくれる)傾向にありますので、結果としてPV数の増加にも繋がると言えますね!

リード文をリライトした場合は、エンゲージメントの項目でその成果を確認しつつ改善を行っていきましょう。

 

 

 

特化型ブログの有益な情報を発信中!

特化型ブログの生みの親であるヴィロガー荻原が、特化型ブログに関する優良な情報をメルマガで発信しています!

ぜひあなたも貴重な情報を手に入れていただき、ブログをさらに大きく成長させてください!

もちろん登録は無料です!

無料メルマガに登録する

 

 

Googleアナリティクスで分析しブログやサイトを強くしよう!

Googleアナリティクスはブログやサイトの状況を確認することができる、とても有能な分析ツールです。

今回は3つの目的別に分析の仕方をご紹介しました。

  • ブログやサイトのアクセスをアップさせたい
  • SNSからのアクセスがどれくらいか確認したい
  • リード文の効果を確認したい

これ以外にも、とても多くの項目を分析することが出来ますので、色々分析を行ってブログやサイトを大きく成長させていきましょう。

 

また、Googleサーチコンソールを併用することによって違った角度からブログやサイトを分析することも可能です。

ブログやサイトをさらに大きく成長させることが可能になりますので、ぜひGoogleサーチコンソールでも分析を行ってみてください。

Googleサーチコンソールを使った分析方法はこちらの記事で解説していますので参考にされてみて下さいね!

【アクセスアップ】Googleサーチコンソールの使い方講座!

 

 

毎日、平均5.6人が登録中

googleメールアドレス(g mail)推奨


コメントを残す

※メールアドレスの間違いが多くなっております。

コメント内容によっては、個別にメール返信にて回答させていただきますので

メールアドレスの入力は正しく行っていただきますようお願いします。

特化型ブログについて!