グーグルアドセンスのエラー「ads.txtファイルが含まれていないサイト」の対処方法は?

アドセンスのサイトを開いたら、何やらメッセージが・・・

アドセンスadstxt注意

ads.txtファイルが含まれないサイト??

収益に重大な影響!?!?

 

こんなメッセージがいきなり表示されてどうしたらいいのかさっぱりわからない!!

収益が下がってしまうってこと!?

一体どうしてッ!?!?

急にこんなメッセージを見てしまうと慌ててしまいますが、設定は非常に簡単ですのでご安心下さいね^^

落ち着いて対処していきましょう!

 

※この記事では、wpXサーバーwpXクラウドエックスサーバーでの設定方法について解説していきます。

アドセンスの『ads.txtファイルが含まれていないサイト・・・』の対処方法

アドセンスサイトを開いた時に、いつの間にか表示されているこちらのメッセージ。

要注意-ads.txtファイルが含まれないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

このメッセージの意味は、次のように説明されています。

アドセンスadstxtファイルの意味

よくわかりませんね・・・。

簡単に説明しますと、アドセンス広告を設置しているあなたのブログにads.txtファイルを含めることで、偽りの広告枠へ収益が流れてしまうことを防ぐことができるよ!だからads.txtファイルを含めてね!

ということです。

偽りの広告とは一体・・・と思ってしまいますが、難しいことは考えずにサクッとads.txtファイルとやらをブログに含めていきましょう!

 

設定は以下の手順で行っていきます。

  1. ads.txtファイルを作成(Windowsのメモ帳やteraPadなどを使用)
  2. サーバーを開いて【public_html】に作成したads.txtファイルをアップロードする

これだけです。

1つずつ説明していきますね!

 

ads.txtファイルを作成する

ads.txtファイルを作るには、まずはアドセンスサイトを開きます。

 

アドセンスadstxtファイル ヘルプ

そして、メッセージの横にある【ヘルプ】をクリックしましょう。

 

 

 

「Adsense向けのads.txtを作成する」の欄に記載されている【google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0】の部分をコピーします。

アドセンスadstxtファイル コピー

もしくは、下記からコピーされても大丈夫です。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

 

アドセンスadstxtファイル メモ帳に貼り付け

次にWindowsの人はメモ帳を開き先ほどコピーしたものを貼り付けます。(TeraPadでも問題ありません。)

pub-0000000000000000数字の部分には、自分のIDを貼り付ける必要がありますので、アドセンスのサイトを再び開きます。

 

 

アドセンスadstxtファイル サイト運営者IDをコピー

アドセンスのサイトを開いて、左側にある①【アカウント】をクリックし、②【サイト運営者ID】の数字の部分を全てコピー。

 

アドセンスadstxtファイルを作成

メモ帳に数字の部分を貼り付けて名前を付けて保存をしますが、ここで1つ注意が必要です。

 

 

アドセンスadstxtファイル UTF-8で保存

保存する時には、①ファイル名を入力(「ads」など自分がわかる名前でOK)して、文字コード②【UTF-8】を選択して保存します。

これで、ads.txtファイルが完成しました!

保存先はどこでもいいのですが、デスクトップなどに保存した方がわかりやすくておすすめです。

 

 

重要なので、もう一度!!!

【UTF-8】を選択して保存

 

この後はサーバーにアップロードしていきます。

 

サーバーにads.txtファイルをアップロードする方法

サーバーにads.txtファイルをアップロードしますが、wpXサーバーやwpXクラウドの場合はFTPソフトを使用する必要があります。

後述しますが、エックスサーバーはウェブ上で完結できるので必要ありません。

 

少し難しく感じるかもしれませんが、FTPソフトというものを使ってads.txtファイルをサーバーに転送するということです。

こちらも1つずつ解説していきますので、サクッと終わらせましょう!

 

wpXサーバー・wpXクラウドにads.txtフィルをアップロードする方法

 

 

まだFTPソフトをダウンロードしていない人は、下記の記事を参考にダウンロードし、お使いのwpXサーバーもしくはwpXクラウドに接続をしてください。

wpxサーバーにFFFTPをインストールする方法は?重いファイルをアップロード

 

FFFTPを開き、サーバーを接続した状態ですと、下記のような画面になっていると思います。

FFFTPでadstxtファイルをドラッグ&ドロップ

先ほど作成したadds.txtファイルを、画面右側にドラッグ&ドロップします。

無事移動できたら、FFFTPとサーバーの接続を切っておいてください。

FFFTP接続を解除

 

これで完了です!

簡単でしたね^^

 

エックスサーバーにads.txtファイルをアップロードする方法

エックスサーバーにログインします。

 

ファイル管理を開く

「サーバー」の操作メニューにある【ファイル管理】をクリックします。

 

 

設定したいブログのドメインを選択

ads.txtファイルを設定したいブログのドメインをクリック。

 

 

publichtmlをクリック

【public_html】をクリック。

 

 

ファイル選択からadstxtを選択してアップロードをクリック

右側にある【ファイルを選択】をクリックして、作成したads.txtファイルを選択します。

選択したら②【アップロード】をクリック。

 

 

adstxtアップロード完了

無事にアップロードができました!

これで完了です!

簡単でしたね^^

 

ads.txtファイルが設定できているか確認する方法

ads.txtファイルをアップロードしてから、24時間以内には設定が反映されます。

すぐにはエラーは消えませんので、翌日などに確認されてください。

 

ただ設定方法が簡単なので、本当に無事に設定できているのかな?と感じてしまうかもしれません。

そんな時は、サイトアドレスにads.txtと入力して実際に検索してみることで確認することができます。

https://自分のブログアドレス/ads.txt

 

設定がうまくいっていない場合は、404などのエラーが表示されたり、下記のような表示になります。

adstxtファイルがうまく設定できていないとき

この場合は、もう一度設定した手順や入力ミスなどがなかったかを確認してみて下さい。

 

 

設定がうまくできている場合は、下記のようなファイルのコードやファイルを含んだ記事が表示されます。

 

adstxtファイルがうまく設定できたとき

 

ads.txtファイルのコードなどが表示されれば無事に設定できています。

 

人によっては、【https://自分のブログアドレス/ads.txt】で検索したときにads.txtファイルが表示されないことがあるかもしれませんが、アドセンスのサイトを開いてエラーメッセージが消えていれば大丈夫です。

翌日にでもアドセンスサイトを確認されてみて下さい。

 

ads.txtファイルの設定は簡単!慌てずに設定しよう!

アドセンスサイトを開いた時に注意文が表示されるとドキッとしてしまいますが、ads.txtファイルの作成方法と、サーバーへのアップロードは簡単に行なうことができます。

慌てずに対処していきましょう。

 

今回はwpXサーバー/wpXクラウド/エックスサーバー3つの対処法について解説しましたが、ほとんどのサーバーはFTPソフトを使ってads.txtファイルをアップロードしていくことになると思います。

 

別のサーバーをお使いの場合でもやることは一緒なので、FTPソフトを使って対処されてくださいね!

FTPソフトのダウンロードなどは下記の記事を参考にされて下さい。

wpxサーバーにFFFTPをインストールする方法は?重いファイルをアップロード

 

 

googleメールアドレス(g mail)推奨
毎日平均5.6人が続々登録してくださっています!!


コメントを残す

※メールアドレスの間違いが多くなっております。

コメント内容によっては、個別にメール返信にて回答させていただきますので

メールアドレスの入力は正しく行っていただきますようお願いします。

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!