キーワードプランナーの登録方法は?無料で使える代替えツールは?

2019年度版のキーワードプランナーの使い方がよくわからないという人も多いのではないでしょうか?

ネットで調べてみても・・・

  • Google広告に登録??いやいや・・・キーワードプランナーを使いたいんだけど!
  • 登録したけどキーワードプランナーってどこにあるの??
  • キャンペーンの登録ってどうすればいいの??
  • キーワードプランナーの使い方がいまいちよくわからない・・・

??なんのこっちゃ??

となってしまっている人も少なくはず。複雑でよくわかりませんね。。

 

 

そこでこの記事では、新しくなっているキーワードプランナーをこれから登録する人に向けて、登録方法を1から解説していきます。

また、キーワードプランナーの使い方についても解説していきますので、使い方がイマイチよく分からないという人は参考にしていただければと思います。

Googleが提供しているキーワード検索ツールのキーワードプランナーは、現在はお金を払って広告を実際に出さないと詳細な検索ボリュームを調べることはできません。

それでも、ブログを書く上では必要になるキーワード検索ツールですのでこの記事を参考にぜひ登録されてみてください!

また、検索ボリュームの詳細を調べるための代替えツールについてもご紹介いたします。

ツールを上手に使ってブログ作成に役立てていただければと思います。

2019年最新のキーワードプランナーは仕様が変わってわかりづらい

Google広告に登録をしても、そこからどうやってもキーワードプランナーにたどり着けない!

ツールをクリックしても表示されないんだけど!

 

キャンペーンって何を登録すればいの?これって本当に無料で使えるの?

なんかこわッ!

 

そう思ってしまうほど複雑になってしまっています・・・。

しかし、結論から言いますと、Google広告に登録できていればキーワードプランナーは必ず表示されますし、無料で使用することも可能です。詳細な検索ボリュームは無料では確認できませんが、だいたいの検索ボリュームは確認できます。

 

キーワードプランナーを表示させる方法

Google広告に登録ができている状態であっても、キーワードプランナーをどこから表示させればいいのかわからないと思います。

「ツール」のマークをクリックしても、「キーワードプランナー」が表示されないため、見つけられないという状況になってしまっています。

なんで表示されないの!?

 

実は、2019年版のGoogle広告では、キーワードプランナーを表示させるためには「モード変更」が必要になっているのです。

このモード変更をすることで、「ツール」「キーワードプランナー」が表示されるようになります。

そのモード変更手順について解説します。

 

エキスパートモードに変更す方法

Google広告に登録した状態では、「スマートモード」というモードになっています。

「スマートモード」「エキスパートモード」に切り替えるには、「ツール」をクリックし、一番下に「エキスパートモードに切り替える」という部分がありますので、ここで切り替えます。

 

エキスパートモードに切り替えたあとに「ツール」をクリックすると、「キーワードプランナー」が表示されるようになりますので、これで無事にキーワードプランナーが使用できるようになります。

 

キーワードプランナーの使い方については、記事後半で説明しています。また、これからGoogle広告に登録する人は、登録手順を解説しているので、そのまま読み進められてください。

 

 

キーワードプランナーの登録方法

キーワードプランナーを使用するためには、Google広告(以前はGoogle AdWordsと呼んでいました)に登録をする必要があります。

※2018年7月24日から、Google AdWodsはGoogle広告へと名称が変わりました。

 

Google広告に登録するためには、Googleアカウントが必要になります。GoogleアカウントとはGoogleが提供しているGmailのことです。

無料で取得できるメールアドレスですので、まだGmailをお持ちでない方は先にGmailを取得されてくださいね!

 

Gmail(Googleアカウント)の準備ができましたら、下記よりキーワードプランナーの公式サイトへアクセスします。こちらからGoogle広告への登録もできますのでご安心ください。

 

キーワードプランナー(公式サイト)

 

Google広告登録手順

 

キーワードプランナー公式サイトログイン画面

この画面が表示されたら、右上の「ログイン」をクリックします。

 

キーワードプランナー公式サイトログイン画面②

「メールアドレスまたは電話番号」の欄に、Gmailを入力して「次へ」をクリックします。

 

キーワードプランナー公式サイトログイン画面③

「パスワードを入力」欄に、パスワードを半角英数字で入力します。このパスワードは、Gmailを取得した時のパスワードになります。

パスワードを入力したら「次へ」をクリック。

 

キーワードプランナー設定画面

3番目の「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」の横にある下矢印をクリックし、「目標を選択」をクリックします。

 

キーワードプランナー設定画面②

「ビジネス名」の入力を求められますが、実際には広告を出すわけではありませんので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

  • アフィリエイト
  • インターネットサービス

などを入力しておくといいです。

 

「ウェブサイト」には、自分のブログURLを入力します。入力したら「次へ」をクリック。

 

 

キーワードプランナー設定画面③

ターゲットとするユーザーの所在地は、そのまま「日本」で大丈夫です。

確認して「次へ」をクリック。

 

キーワードプランナー設定画面④

商品やサービスを指定する画面では、「お客様の業種」を選択することになりますが、こちらも実際には広告を出さないのでどれを選んでも大丈夫です。

その下にある「この広告で宣伝する商品やサービス」の欄は、未記入のままで「次へ」をクリックします。

 

キーワードプランナー設定画面⑤

「広告を作成する」という画面は、実際に広告を出したときにどのようにアピールするかを決める部分になりますが、こちらも実際に広告を出すわけではありませんので、あまり深く考えなくて大丈夫です。

「広告見出し1&2」の欄には、自分のブログタイトルを2つに分けるようなイメージで入力してもいいでしょう。

「説明分」の欄には、自分のブログの説明を記入していきましょう。

「広告のリンク先ページ」には、自分の記事URLをコピペします。特にどの記事でも問題ありませんので、コピペしたら「次へ」をクリックします。

 

キーワードプランナー設定画面⑥

「画像の追加」の画面では、特になにも設定せずにそのまま「次へ」をクリックしましょう。

 

キーワードプランナー設定画面⑦

「広告の予算」の画面では、1日の予算を決めます。もともとから最少額の「¥197」が記載されていますが、「¥197」では「次へ」のボタンがクリックできない場合がありますので、その際は「¥198」と入力して「次へ」をクリックしましょう。

再度お伝えしますが、実際には広告は出しませんので安心して進められてくださいね!

 

キーワードプランナー設定画面⑧

設定内容を確認して「次へ」をクリックしましょう。

 

 

 

キーワードプランナー設定画面⑨

「お支払い状況の確認」画面ですが、

①アカウントの種類は、ビジネスと個人を選ぶことができますが、ほとんどの人は【個人】で大丈夫です。

②名前と住所を入力していきます。

 

 

キーワードプランナー設定画面⑩

②住所を入力します。

③企業/組織名は、未来乳のままで大丈夫です。

④名前を記入します。

⑤メインの連絡先欄には電話番号を記入します。(スマホの番号で大丈夫です)

 

 

キーワードプランナー設定画面⑪

⑥お支払いタイプは、自動支払いと手動支払いが選べますが、ここは「手動支払い」を選択しましょう。

⑦お支払い金額は「1,000」と記入します。(実際には支払わないでいいように設定していきます)

⑧お支払い方法は、振込・コンビニ・カードの3種類から選べますが、「振込」を選択します。実際に指定される銀行に振込まなければ広告が出されることもありません。「カードを追加」を選択すると¥1,000が引かれることになりますのでご注意ください。

しっかり確認して「送信」をクリックします。

 

 

キーワードプランナー設定画面⑫

これで全ての設定が完了しました!

が!

ここでもう少し設定を行います!広告を出したくないので、しっかり設定を行っていきましょう!

「キャンペーンを確認」をクリックします。

 

 

キーワードプランナー設定画面⑬

有効」となっているので、横の「▼」をクリックして「キャンペーンを一時停止する」に切り替えます。

キャンペーンとは、さっき設定した広告のことです。

【広告を振込】にして【キャンペーンを一時停止する】ことで、実際には広告が出されませんし広告費の¥1,000も引かれませんので、これで一安心です。

 

そして、本来の目的であるキーワードプランナーの画面を表示させていきましょう!

 

キーワードプランナーを表示させる方法

 

キーワードプランナーを表示させるには、以下の手順で行っていきます。

 

キーワードプランナー設定画面⑭

画面右上にある「ツール」をクリックし、「エキスパートモードに切り替える」をクリックします。

 

キーワードプランナー設定画面⑮

確認画面が表示されますので、「エキスパートモードに切り替える」を再度クリック。

 

キーワードプランナー設定画面⑯

もう一度、画面右上にある「ツール」をクリックすると、左上に「キーワードプランナー」を発見!クリックしましょう!!

これでキーワードプランナーが使用できます。

 

 

キーワードプランナーでは、2つの方法で検索キーワードを調べることができます。

キーワードプランナー設定画面⑰

どちらでも検索ボリュームは表示されますが、複合キーワードを調べるには【新しいキーワードを見つける】の方が便利です。

また、キーワードの検索ボリュームをまとめて調べたいときなどは、【検索のボリュームと予測のデータ】を使用すると一気に調べることができます。

 

 

【検索のボリュームと予測のデータ】での検索ボリュームの確認方法

【検索のボリュームと予測のデータ】を使ってキーワードの検索ボリュームを確認する方法をご説明します。

キーワードプランナー設定画面⑱

「ブログ」というキーワードの検索ボリュームを調べたいので、検索窓に「ブログ」と入力し「開始する」をクリックします。

 

キーワードプランナー設定画面⑲

画面が表示されますが、このままでは検索ボリュームがわかりませんので「過去の指標」をクリックしましょう。

 

 

キーワードプランナー設定画面⑳

これで月間検索ボリュームが表示されました!

ただし、【10万~100万】といったような大体の検索ボリュームしか表示されません。

無料で使用しているので、これは仕方がありませんね・・・。(実際にお金を払って広告を出すと詳細データが確認出来るようになります)

 

 

キーワードプランナーの代替えツール

キーワードプランナーでは、おおよその検索ボリュームしか確認出来ませんが、具体的な検索ボリュームを調べられる代替えツールもあります。

いくつか種類はありますが、その中から【aramakijake】というキーワードツールをご紹介します。

 

aramakijake  アラマ・・・キ・・・ジャケ・・・ アラマキジャケ!?

 

aramakijake①

名前がユニークなキーワード検索ツールですが、使い方はとっても簡単です。

調べたいキーワードを入力して「チェック」をクリックするだけです。

 

 

aramakijake②

すると、月間検索ボリュームが表示されました!

多少、キーワードプランナーとの誤差はありますが、詳細を調べるには使い勝手のいいキーワード検索ツールです。(下記よりアクセスできます)

aramakijake.jp

 

まとめ

キーワードプランナーは、Google広告に登録することで使用できるようになりますが、現在は実際にお金を払って広告を出さないと詳細なデータは確認できません。

それでもキーワード検索ツールとしては十分に使えますので登録しておきましょう!詳細なデータを調べる時は、aramakijakeを使用することでカバーできますので、こちらも合わせて登録されておくことをおすすめいたします。

 

 

googleメールアドレス(g mail)推奨
毎日平均5.6人が続々登録してくださっています!!


コメントを残す

※メールアドレスの間違いが多くなっております。

コメント内容によっては、個別にメール返信にて回答させていただきますので

メールアドレスの入力は正しく行っていただきますようお願いします。

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!