特化型ブログでアクセスの集まる記事の書き方!

特化型ブログ記事書き方のコツ読者目線を意識することです。

 

「なるほど~・・・読者目線で書けばいいわけか!」

「・・・ ・・・ ・・・」

「読者目線って具体的にどういうことなの!?」

 

頭では分かっていても、実際に書こうとすると分からなくなってしまいませんか?

この記事では、そういった人たちに向けて、読者目線とは具体的にどのように考えればいいのか?具体的な記事の書き方や記事構成はどのように考えればいいのか?について、分かりやすく解説していきます。

ブログ記事の書き方で悩んでしまっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

また記事の後半には、私が無料で提供している『記事作成前チェックシート』についてもご紹介しています。

読者目線を意識した記事を書くための便利なシートですので、ぜひゲットされて下さいね^^

『読者目線』とはブログ記事に訪れる読者を想像すること

think

『読者目線』の意味を理解するためには、実際にあなたのブログに訪れる人を想像するところから始まります。

想像・・・

難しそうに感じるかもしれませんが、実際に難しいです(笑)

難しいからこそ、意識できていない人が多いですし、アクセスが集まる人と集まらない人・ブログで収益を上げている人と収益が上がらない人の差がここにあるとも言えます。

でも、この記事を読み終える頃には、『読者目線』の意味がちゃんと分かりますのでご安心くださいね^^

ブログ記事に訪れる読者を実際に想像してみよう!

では実際に、あなたのブログ記事に訪れてくれる『読者』とは一体どのような人たちかを想像してみましょう。

  • 年齢は?
  • 性別は?
  • 家族構成は?
  • 仕事内容は?

できるだけ具体的に想像してみてください。

 

年齢:20代後半~50代半ば

性別:どちらとも

家族構成:配偶者と子供が2人いる

仕事内容:普通のサラリーマン(OL)で給料はあまり高くない。職場の人間関係は上手くいっておらず、やりがいもあまり感じていない。

 

このように、特化型ブログでアクセスを上げるためには『本当にその場にいるかのように』具体的な読者を想像し、その人に向けて情報を発信していくという感覚が非常に重要になってきます。

そして、このように読者を想像することをペルソナと言います。

これはブログを書いていく上でとてもよく使われる言葉ですので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね^^

もう少し詳しく解説していきます。

 

ペルソナとは

ペルソナとは企業の商品開発・販売戦略において新たに注目された考え方です。

ペルソナとは、「企業がターゲットとするユーザーを代表する一人の人物像を詳細に明確化したもの、もしくは概念」と定義されます。そして、そのペルソナを中心に考えるマーケティングをペルソナマーケティングと言います。

引用:www.leadplus.net/

 

これまでの商品開発は『万人に受けるもの』『多くの人に喜ばれるもの』という考え方で行われることが一般的でしたが、ペルソナマーケティングでは全く真逆の発想を行います。

すなわち、具体的な一人の人物を想像し、その人が欲しがる・その人だけに響く製品を開発していくという発想です。

 

ここで一つの事例について検討してみたいと思います。

あなたはとあるカフェを経営するオーナーさんです。一店舗目の経営が軌道に乗り、そろそろ2店舗の出店を検討中。出店にあたり以下のようなペルソナを想定しました。

 

  • 都内在住31歳独身
  • バリバリのキャリアウーマン
  • 仕事上はとても社交的な性格
  • 休日は自分の時間も大切にしたい

このようなペルソナに対してあなたはどのような店舗をイメージするでしょうか?

 

  • 都内在住30代前半でバリバリのキャリアウーマン→都内でバリバリ仕事しているということは収入面はかなり安定してそう。
  • 仕事中はとても社交的、でも休日は自分の時間も大切にしたい→仕事中は周りに気を配っているためストレスは結構抱えていそう。休日は一人の時間を満喫してストレス解消とリラックスしたい?

このペルソナの性格や生活環境を想像すると『ある程度単価が高くてもゆったりとした時間を一人で過ごせるカフェ』というイメージが浮かんできますね!

 

これを具体的な店舗条件に落とし込んでみると、

  • 立地は駅前の繁華街ではなく、住宅街の一角にひっそりとたたずむ隠れ家的な店舗
  • 回転率重視の安価なものではなく、高単価でも健康志向なメニュー
  • 完全にオープンではなく一人の空間を満喫できるややクローズな店舗設計

 

一般的に新店舗のオープンと考えると『人の往来の多い駅前だ!』『回転率重視の安価な商品を!』『流行りのオープンカフェだ!』と考えがちですが、具体的なペルソナに寄り添う形で想像していくと全く逆の店舗イメージが見えてきます。

売り上げやコスト、回転率などの経営者目線の戦略ももちろん大切ではありますが、最近では『特定の一人を想像した商品開発・販売戦略』の成功例が多く報告されてるようです。

そして上記のようなペルソナをもとにした手法は企業の商品開発・販売戦略だけではなく、私たちの運営する特化型ブログの収益化という面においても非常に重要な思考法と言えるのです。

つまり、今回ご紹介したような具体的なペルソナの悩みや希望を叶える記事を書いていく=『読者目線の記事を書くことができる』ということなのです!

 

ペルソナを具体的に想定する方法

それではペルソナを具体的に想定していく方法について考えてみたいと思います。先ほども説明しましたが、ペルソナはできるだけ『リアル』『本当に実在するかのように』想像していくことが大切です。

 

考えるべき項目についていくつか挙げてみましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 収入
  • 既婚・未婚
  • 家族構成
  • 住まい
  • 家族以外の交友関係
  • 休日の過ごし方
  • 趣味
  • こだわり・座右の銘など

 

その上で、例えばあなたが『あるイベントの紹介記事』を書くとしましょう。

一般的に考えれば真っ先に思いつくのは以下のような項目ではないでしょうか?

  • イベントの日時
  • 料金
  • 予約方法・当日参加の可否
  • 目玉イベントの内容
  • アクセス
  • 過去のイベントの様子

 

このような内容は『万人に受けるもの』『多くの人に喜ばれるもの』です。決して内容的に悪くは無いのですがあなたと同じような記事を書くライバルは多数存在するため、検索上位を狙うことは難しいかもしれません。

 

ではここで以下のようなペルソナを想像してみます。

家族構成の中に常に介助が必要な高齢のおばあちゃんがいる。

でもイベントは毎年とても楽しみにしており是非連れて行ってあげたい。

 

いかがでしょうか?上記のようなペルソナを想定すると、記事内容は全く別の『顔』を見せてくるのではないでしょうか?

  • 車いすが利用できるスペースはあるか?
  • 会場全体がバリアフリーになっているか?
  • 多目的トイレの設置はあるか?
  • 炎天下の場合、適度に日よけできる休憩所などはあるか?

 

一つめとは完全に別の内容の記事が出来上がりますね!

万人受けはしないかもしれませんが、ペルソナと同じような家族構成を持つ読者にとっては『喉から手が出る程欲しい情報』となります。

 

このような記事こそが特定のペルソナを想定した読者目線の記事であり、あなただけのオリジナルなコンテンツと成り得るのです!

そしてライバルの多い一般大衆向けの情報の隙間を縫うようにあなたの記事はしっかりと検索上位に表示され、安定的なアクセスを呼び込むことが可能となるでしょう。

ペルソナを具体的に想像することのメリット、少しずつご理解いただけているでしょうか?

 

それでは続いて、あるメインキーワードを元にしたペルソナの想定、そして記事タイトルへの落とし込みの手順について超具体的に見ていきたいと思います。

 

ペルソナ想定から記事タイトル作成の具体的な手順

 

ペルソナを想定するトレーニングですのでどんなメインキーワードでも良いのですが、今回は日本人であれば誰もが気になる・どんな形であれ関わりを持つであろうこのネタで考えてみたいと思います!

 

ずばり!

 

東京オリンピック2020!

 

 

え!?全く興味が無い?

 

 

じゃあ別のネタを・・・・・・・

 

 

 

 

 

ではありません!!(笑)

 

あなたが興味があるか無いか、ではなく、東京オリンピック2020というメインキーワードからどんなペルソナを想定できるのかという視点で考えてみたいと思います。

そして今回はあえて東京オリンピックの競技や選手などの本筋的な情報に全く興味が無いペルソナを想定してみましょう。

 

ペルソナ想定『東京オリンピック2020に全く興味が無い都内在住の佐藤さん』

 

かなり極端なペルソナにはなりますが、トレーニングという意味ではよい題材だと思いますので徹底的に想定してみたいと思います。

まずはこの佐藤さん、何故東京オリンピック2020に全く興味が無いのでしょうか?

少し想像してみると以下のような人物像が浮かんできます。

  1. 仕事が忙しすぎてオリンピックを見たり、観戦したりする余裕が全くない
  2. 今までスポーツというスポーツをしたことが無く、スポーツ観戦全般に興味が無い

 

もしかしたら佐藤さんは仕事一筋のまじめなサラリーマンなのかもしれませんね。

一見このようなペルソナでは東京オリンピックをネタにした記事は書けないのでは?と思ってしまいます。

 

ですが、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

 

仕事が忙しすぎてオリンピックを見たり、観戦したりする余裕が全くない

もしあなたが佐藤さんと同じような状況の場合、どのようなことを考えますか?

  • 観戦客の影響で通勤に支障が出るのでは?
  • 東京オリンピックの経済効果はどれくらいあるんだろう?

 

競技観戦後と帰宅ラッシュが重なった場合、電車の混雑・遅延は必須かもしれないですね。

仕事一筋の佐藤さんにとってはオリンピック期間中の電車の混雑状況というのは非常に重要な情報となるかもしれません。

 

また佐藤さんが営業職であれば東京オリンピックの観戦には興味が無いとしても、オリンピックがもたらす経済効果については仕事のネタとしては見逃すことができない情報となるはずです。

 

今までスポーツというスポーツをしたことが無く、スポーツ観戦全般に興味が無い

なかなかインドアな佐藤さんですが、この情報をもう少し掘り下げてみましょう。

  • 今までスポーツというスポーツをしたことが無い。もしかしたら佐藤さんは結構なメタボ体型なのかもしれない?
  • 結構なメタボ体型ということは、食べることにはものすごく興味があるかもしれない!

 

かなり極端な推測ですが、食べることにものすごく興味があるのであれば以下のようなネタは佐藤さんにとっては非常に『気になる』情報となるのではないでしょうか?

 

東京オリンピック出場選手出身地のグルメ情報

 

もしオリンピック開催期間中『限定』で各国のご当地グルメが食べられる店があるとしたら?オリンピック自体には興味の無い佐藤さんでも飛びつく情報となるはずです。

 

ペルソナから連想されるサブキーワードを使用し記事タイトルを考える

これまでは東京オリンピック2020を例に想定するペルソナについて考えてきました。

今回登場した『東京オリンピックに全く興味の無い都内在住の佐藤さん』。

ここで一度佐藤さんのペルソナを整理してみましょう(先ほどの考察から想定し、少しだけ情報を補足してあります)。

  • 氏名:佐藤
  • 性別:男
  • 年齢:30代
  • 職業:営業職 
  • 未婚
  • 家族構成:一人暮らし
  • 住まい:都内でアパート暮らし
  • 家族以外の交友関係:仕事上の付き合いがメイン
  • 休日の過ごし方:仕事が目一杯で休日は自宅で過ごすことが多いインドア派
  • 趣味:食べること全般
  • オリンピックへの関心・こだわり:競技自体には全く興味なし

 

仕事一筋でインドア派の佐藤さんのペルソナではオリンピック関連の記事作成は難しいかなと思いましたが、深堀りしてみると思わぬサブキーワード候補が浮かんでくることが分かりましたね!

  • 通勤時の電車の混雑状況
  • 経済効果
  • グルメ情報

 

漠然と東京オリンピックに関連するキーワードを想像した時、果たして上記のようなサブキーワードが浮かんでくるでしょうか?

 

答えは『否』です。

おそらく真っ先に思い浮かぶのは『競技』や『選手』に関する情報でしょう。

競技や選手に関する情報は当然多くの方が記事にされるはずですので、ライバルが多く検索上位表示は難しくなります。

 

東京オリンピックという非常にビッグなメインキーワードに対しても、このように具体的なペルソナを想定していくことによってニッチな層に届く記事タイトルを作成することが可能になるのです。

 

それでは具体的に上記のサブキーワードを使用した記事タイトル案について考えてみましょう。

 

  1. 東京オリンピック2020で電車が遅延!?混雑を避ける帰宅ルートとは?
  2. 東京オリンピック2020で〇〇円の経済効果?外国人観光客に売れまくっているグッズは?
  3. 東京オリンピック2020の〇〇選手のご当地グルメが期間限定で食べられる?都内の穴場料理店をご紹介!

 

いかがでしょうか?上記のタイトルを見ると佐藤さんの様子がありありと浮かんでくるようですよね!

また記事内容についても常に『ペルソナ』を意識して考えていくと、タイトルと内容のブレも無くなりコンテンツの質も向上していきます。

ペルソナを想定する作業は慣れないうちはなかなか大変ですので、初めは『実在する友人や家族』で練習していくのも一つの手です。

読者目線を意識した記事構成

では最後に、読者目線を意識した記事構成について解説していきます。

読者目線を意識した記事構成も、これまでのペルソナ想定やキーワード選定・記事タイトルがなければ構成は決まってきません。

だからこそ、ペルソナ・キーワード・記事タイトル・記事構成ブレない一つの記事として成り立ってくるのです。

各項目において、常に読者目線を意識することが大切なポイントになります。

記事構成は読者の検索意図を満たす順番で作る

基本的に記事構成は、検索者の意図(目的)を満たす順番に組んでいきます。

よくやってしまいがちなのは、検索者の目的を最後に書いてしまうパターンです。

例えば、先ほどの記事タイトル【東京オリンピック2020で〇〇円の経済効果?外国人観光客に売れまくっているグッズは?で見てみましょう。

 

◆ありがちな記事構成◆

東京オリンピックで外国人観光客に売れているグッズ

-1位:〇〇〇

-2位:△△△

-3位:▢▢▢

東京オリンピック2020の経済効果はどれくらい?

-2019年の予想では〇〇円!

-オリンピックの影響で潤う業種は?

まとめ

このような記事構成をよく見かけます。

しかし、この記事タイトルを付けたもととなる佐藤さん(ペルソナ)はどんな人だったでしょうか?

佐藤さんは営業職で、東京オリンピックの観戦には興味はが無いが、オリンピックがもたらす経済効果については仕事のネタとなるため、見逃すことができないと思っている。

このような人でしたね。

つまり、この佐藤さん(ペルソナ)は、2020年の東京オリンピックがもたらす経済効果について知りたいため、『東京オリンピック 2020 経済効果』というキーワードで検索しているのです。

ということは、真っ先に知りたい情報というのは【2020年の東京オリンピックがもたらす経済効果】ということになります。

◆読者目線を意識した記事構成◆

東京オリンピック2020の経済効果はどれくらい?

-2019年の予想では〇〇円!

-オリンピックの影響で潤う業種は?

東京オリンピックで外国人観光客に売れているグッズ

-1位:〇〇〇

-2位:△△△

-3位:▢▢▢

まとめ

このようになります。

 

ネットで検索して何かを調べる人というのは、早く目的の情報を手に入れたいと考えています。

実際に自分が検索しているときにも、同じような経験はありませんか?

「探している情報がなさそうだな・・・別のサイトを見てみよう」

このように思って今見ているサイトを早々に離れ、別のサイトに情報を探しに行く・・・

 

ネット検索する人というのは、結構記事を最後まで読まない人が多いですし、特に最近はスマホで検索する人の方が圧倒的に多いので、サーッとスクロールして流し読みをして、読むべきサイトかどうか(知りたい情報が載っているかどうか)をすぐに判断するものなのです。

ですので、読者目線を意識した記事構成というのは、ペルソナがもっとも知りたい情報から書いていくようにした方がいいです。

 

これまで書いてきた記事の構成が、このような形になっていないとしたら、読者に読まれない記事になっている可能性があるので、ぜひ一度見直してみて下さいね!

無料提供!記事作成前チェックシート!

特化型ブログでアクセスを集めるためには、ペルソナを明確にした上でそのペルソナに対して記事を書いていくことの重要性を解説してきました。

何となく分かってきた!・・・ような気がする・・・ ・・・

今はそのような状態でも大丈夫です^^

 

そしてしっかり理解するには、実際にやってみることが何よりも大切ですし、飲み込みも早いです!!

ここで、私が無料で提供している記事作成前チェックシートをご紹介させていただきますね!

記事作成前チェックシート

このようなチェックシートで、記事を書く前にどういったペルソナを想定して記事を書くか?しっかりとペルソナを深掘りできるように作っています。

記事作成前チェックシートは、下記より無料メルマガ登録をしていただくとお受け取りできるようになっておりますので、ぜひゲットされて下さいね!!

無料メルマガ登録

 

 

まとめ

 

f81d755db512647c38dd8ec83c814a30_s

特化型ブログの読者目線の記事を作る方法についてまとめます。

 

  1. ニュース記事やテレビ番組などのソースからメインキーワードを決める
  2. 具体的なペルソナを想像する
  3. ペルソナは年齢・性別・職業などだけではなく、既婚・未婚や家族構成、趣味やこだわりなど目の前にその人が『本当に実在する』かのように想像していくことが大切
  4. 想定したペルソナがメインキーワードに対してどのような興味・関心を持つかを連想、リスト化していく
  5. ペルソナから絞りだしたキーワードを

    サブキーワードとして使用し、メインキーワードと合わせて記事タイトルを作成していく

 

『読者目線の記事を書こう!』とは良く言われることですが、具体的な方法を提示してくれるサイトや記事は決して多くありません。

読者目線の記事の究極は、ペルソナをどれだけ『具体的』『リアル』に想像することができるか、これに尽きます。

是非あなたもペルソナを自由自在に操り特化型ブログの収益化を実現していきましょう!

毎日、平均5.6人が登録中

googleメールアドレス(g mail)推奨


コメントを残す

※メールアドレスの間違いが多くなっております。

コメント内容によっては、個別にメール返信にて回答させていただきますので

メールアドレスの入力は正しく行っていただきますようお願いします。

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!