【アクセスアップ】グーグルサーチコンソールの使い方講座!

グーグルサーチコンソールに登録はしていても、イマイチ使い方が分からないという人も多いと思います。

「今まで一度も見たことない・・・」そんな人もいるかもしれませんね^^

「だって見てもよく分からないし!」その気持ちよく分かります!

 

PVアップのためにアクセス解析をしようと思っても、何をどうやって見ればいいのか分かりづらいですよね!

そこでこの記事では、グーグルサーチコンソールの基本的な見方や、アクセスアップに繋がる使い方を解説していきたいと思います。

参考にしていただき、ブログのアクセスを集めていきましょう!

サーチコンソールを使った記事別データの見方

まだグーグルサーチコンソールを登録されていない人は、こちらの記事を参考に登録・設定をすませて下さいね!

サーチコンソールの登録と設定方法

 

まずは、サーチコンソールの画面に表示されている各項目について簡単に説明していきます。

ブログの分析などのために必要な情報と、ブログに問題が起きたときや対処が必要な場合に確認する項目などがあり、全ての項目を随時チェックしておかなければならないというものではありません。

必要に応じて、必要な情報を確認するというイメージで使っていくといいですね。

サーチコンソールの項目:サマリー・インデックス・拡張

サーチコンソールの見方⑤

 

サーチコンソールの項目で、一番頻繁に確認すべき項目が①検索パフォーマンスになります。

①検索パフォーマンスは、ブログの表示回数や検索クエリ(キーワード)、クリック率や掲載順位などを確認することができます。

各ブログ記事の分析を行ったり、どこをリライトして修正すべきか?などの情報を確認する項目になりますので、サーチコンソールの中では最も確認する頻度が多い項目と言えます。

 

②[URL検査]は、投稿したブログ記事をできるだけ早くグーグルの検索エンジンに認識してもらう(インデックスさせる)ために使用する項目です。

基本的には新規にブログ記事を書いたり、リライトを行った場合は毎回インデックスを行います。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

⇒【ブログ記事が検索されない!?すぐに検索される方法があった!

 

③カバレッジでは、ブログ記事に何か問題(エラーや警告)があった場合にどんなエラーや警告なのかを確認する項目になります。

問題がある場合はメールで知らせてくれるため、特に問題が無いのであれば普段は確認しない項目になります。

 

④サイトマップは、XMLサイトマップをグーグルの検索エンジンに伝える時に使用します。

基本的には一度だけサイトマップを送信すればいいので、使用頻度は低くたまに問題が出ていないか確認する程度になります。

サイトマップを送信していない人は、下記の記事を参考に設定しておきましょう。

⇒【Google XML Sitemapsでグーグルロボット用の目次を作る?インデックスって何?

 

⑤モバイルユーザビリティは、ここ数年急激に普及したスマホやタブレットなどでのサイト表示に問題がないかを確認する項目です。

基本的にはエラーのお知らせメールなどがなければ、頻繁に確認することもない項目になります。

 

 

⑥パンくずリストとは内部リンクの一種で、読者にサイト内における現在地を知らせるナビゲーションのことです。

ブログ記事の上部や下部などに表示されているコレです。

パンくずリスト

システム的なエラーが発生したときなどにメールでお知らせが来るので、通常はあまり確認することもない項目です。

 

サーチコンソールのその他の項目

サーチコンソールには他にもいくつか項目があります。

サーチコンソールの見方⑥

これらの項目も、基本的には普段はあまり使用しない項目となりますが、⑨リンクでは被リンクがどこから来ているのかなどが確認できます。

もし悪質なリンクや低品質なリンクが確認出来た場合は、リンクを否認するなどの対策が必要になってきますので、この項目に関しては週1回・月1回などと確認する頻度を決めて確認しておくといいですね。

 

グーグルサーチコンソールには色々なブログの情報が確認できますが、アクセスアップに繋がる情報としてはそこまで多くはなく、ポイントとなる部分を見ていけば大丈夫です。

では、アクセスアップに繋がるグーグルサーチコンソールの見方について解説していきます。

 

ブログ記事のデータは【検索パフォーマンス】で確認できる

 

ブログのアクセスを増やすためには、ブログの現在の状況を把握する必要があります。

  • どんなキーワードで検索されているのか?
  • 狙ったキーワードで検索されているのか?
  • 検索結果の何番目に表示されているのか?
  • 自分の記事はどれくらい読まれているのか?

このようなことを確認していきます。

そしてこのような情報は、【検索パフォーマンス】の画面で確認することができます。

 

サーチコンソールの見方①

左メニューバーの【検索パフォーマンス】をクリック。

 

 

サーチコンソールの見方③

最初の状態では、【合計クリック数】【合計表示回数】しか選択されていないため、【平均CTR(クリック率)】【平均掲載順位】をクリックします。

すると、画面下の方にクエリ(検索されたキーワード)表示回数CTR掲載順位が表示されるようになります。

これでブログ全体の状況が見えてきますね!

 

ブログ記事ごとの情報を表示させる方法

ブログのアクセスをアップさせるためには、アクセスの集まっていない記事を改善していく必要があります。

つまりブログ全体の情報ではなく、ブログ記事ごとの情報が必要になってくるわけです。

 

ブログ記事ごとの情報を表示させる方法はとても簡単です。

 

サーチコンソールの見方②

画面上部の①【+新規】をクリックし、②【ページ】を選択。③【調べたい記事のURL】を入力して、④【適用】をクリックします。

※気付いた人もいるかもしれませんが、期間は3ヶ月前から見ていきます。これは期間が短いと十分なデータが得られないためです。

 

こうすることによって、記事別に「狙っているキーワードで何番目に表示されているか」を確認することができます。

 

 

ブログアクセスをアップさせる具体的な方法

記事ごとの情報を見ることはできても、具体的にどのようにブログを改善していけばいいのかが分からない人も多いかもしれません。

ここからは、サーチコンソールのデータを使った具体的なブログアクセスアップの方法について解説していきます。

狙っているキーワードで検索されているか?

まずは何と言ってもキーワードです。

「このキーワードで検索される」という計画を元に記事を書いていくのが大前提なのですが、その狙っていたキーワードで検索されているのかどうかを確認します。

サーチコンソールの見方としては、キーワードは【クエリ】と表示されている部分になります。

サーチコンソールの見方④

①狙っている検索キーワードを確認⇒⑤掲載順位を確認

狙っているキーワードで掲載順位が1位であれば、狙い通りということですね!

しかし、掲載順位が低かった場合は改善をしていく必要があります。

  1. 記事のタイトル・見出し・本文中にキーワードは含まれているか?
  2. 検索キーワードと検索意図がズレていないか?
  3. 読者が知りたい情報は網羅できているか?

この3つを確認してみて下さい。

1.記事タイトル・見出し・本文中にキーワードは含まれているか?

記事タイトルに狙っているキーワードが含まれていなければ、そもそも上位表示させることはできません。

もし狙っているキーワードが含まれていないようでしたら、キーワードを盛り込んでタイトルを修正していきます。

基本的な記事タイトルの付け方が分からない人は、趣味ブログの記事タイトルのつけ方!アクセスが増えない3つの対処方法を参考にされて下さい。

2.検索キーワードと検索意図がズレていないか?

検索意図とは、検索した人の意図です。

つまり、どんな目的があって(どんなことを調べたくて)このキーワードで検索したのか?ということです。

この検索意図が把握できていないのであれば、記事の内容が検索キーワードと合っていないので上位表示されないことになります。

どういうことかというと、例えば「スクワット 腹筋」というキーワードで考えてみます。

「スクワット 腹筋」のキーワードで検索する人の目的は何だと思いますか?

練習の意味でも考えてみてくださいね!

 

スクワットと腹筋の正しい姿勢や方法、その効果が知りたいんだな!

 

もしそう思って記事を書いたとしたら、それは検索した人の意図とはズレています。

実は「スクワット 腹筋」で検索する人の意図は、

『スクワットは腹筋にも効果があるのか知りたい』

『スクワットで腹筋が筋肉痛になるのはなぜ?やり方が間違っているの?』

『スクワットでお腹痩せできるらしいけど、その方法が知りたい』

という意図(目的)があって検索しています。(えっ!?と思った人は実際に「スクワット 腹筋」で検索されてみてくださいね^^)

 

このように、記事の内容が検索意図とズレていた場合は、検索者の求めているコンテンツではないとグーグルが判断するため、上位表示はされなくなります。

この場合は、検索意図をしっかりと調査して記事を大幅にリライトしていく必要があります。

3.読者が知りたい情報は網羅できているか?

基本的に検索する人の大半は、目的の情報を全て入手したいと考えています。

つまり、何度も何度も検索し直して調べたくはないので、探している情報全てが載っている記事を好むということです。

これは単純に面倒だからですね。

自分に置き換えるとわかると思いますが、何かを調べたくて検索しているとき、知りたい情報の一部しか載っていない場合は別のキーワードで検索し直したり、別のサイトを見に行くと思いますが、正直面倒に感じてしまうと思います。

グーグルもこのような状態は望ましくないと考えているため、ブログ記事の評価を落とすようにしています。

結果として、上位に表示させるべき記事ではないと判断しているため、掲載順位も低くなる可能性が高いです。

検索している人の気持ちを考えて、どこまでの情報を必要としているのか?をイメージしながら記事の内容を見直していきましょう。

 

狙っているキーワードで上位に表示されているがクリックされていない

 

狙ったキーワードで上位表示されているのに、あまり読まれていない記事がある場合を見ていきましょう。

サーチコンソールの見方④

③表示回数が多い⇒⑤掲載順位も高い⇒②④クリック数やCTRが低い

表示回数も多く、掲載順位も低いわけではないのに、クリック数やCTRが低いという状況は記事タイトルやスニペットを見直していく必要があります。

どういうことかというと、記事タイトルやスニペットが検索者の目に映っても、気になってクリックしたくならない状態になっているということです。

記事タイトルとスニペットの説明

これはとても勿体ない状態と言えますね!

読者目線を意識したキーワード選定は出来ている(上位表示されているから)ので、どうすれば魅力的な記事タイトルを付けることが出来るか?どうすれば書けば読者が気になるスニペットになるのか?を考えて改善し、CTRを改善していくことでPV数を上げていくことができます。

CTRはどれくらいが理想?

『CTRはどれくらいであればいいの?』と感じてしまうと思いますが、一概に『〇%です!』という明確な答えはありません。

これは、キーワードによっても違いがありますし、検索エンジンや掲載順位でも違いが出てくるからです。

答えはありませんが、目安としては5%以上であればかなり高い方だと思って下さい。

反対に、2%未満であれば少し見直しが必要かもしれません。

狙っているキーワードで5位以内に掲載されているのに、CTRが0~1.9%くらいであれば、記事タイトルやスニペットを見直すくらいのイメージで考えておくといいと思います。

 

掲載順位が低いのにクリック数がある!?

グーグルサーチコンソールで分析を進めていると、中には掲載順位が低い(20位以降など)のに、なぜかクリック数が少しだけある・・・そんな状況があるかもしれません。

この状況はチャンスの可能性が高いです!

サーチコンソールの見方④

⑤掲載順位が低い⇒②少しだけどクリックされている

掲載順位が20位以降と低い場合は、通常はほぼクリックされません。

なのに少しだけクリックされている・・・

これはどういう状況かというと、スマホやPCで検索した人が3ページ目以降の記事を読もうとしているということです。

普通は面倒ですし、20~30位に掲載されているサイトを見ることはほとんどありません。

 

上位記事には求めている情報が載っていなかった・・・

 

このように考えることが出来るのです!

つまり、上位表示されているライバル記事も検索意図をうまく把握できていない可能性があると言うことです。

このようなキーワードを見付けたときは、ライバル記事がどんな情報を発信しているのかを確認して、自分のブログ記事と比較をしてみましょう。

自分のブログ記事にあって、ライバル記事に無い情報・・・

それを求めて探している検索者がいる可能性がありますので、キーワードや記事タイトルを見直し検索意図を深く把握してリライトをしていくと、そのキーワードで上位表示される可能性が高くなります。

厳密に言えば、自分のサイトにも求める情報が載っておらず他のサイトに移動した可能性もありますので、アナリティクスで滞在時間なども確認する必要がありますが、上位表示できるキーワードの可能性は高いので積極的に記事を書いていくといいですね!

 

サーチコンソールでブログのアクセスアップさせよう!

グーグルサーチコンソールを使えるようになると、ブログの色々な情報を得ることができます。

その情報を活用してサイト分析を行うことで、ブログのアクセスアップを目指すことが出来ます。

目的のないリライトを行うよりも、サーチコンソールを使って改善すべき点を把握してリライトをすることで、効率的で意味のあるリライトが可能になりますので、ぜひサーチコンソールを積極的に使っていきましょう!

 

毎日、平均5.6人が登録中

googleメールアドレス(g mail)推奨


コメントを残す

※メールアドレスの間違いが多くなっております。

コメント内容によっては、個別にメール返信にて回答させていただきますので

メールアドレスの入力は正しく行っていただきますようお願いします。

Facebookで最新情報お届け!

特化型ブログについて!