WordPressブログをXサーバーからwpX Speedへ移行する方法

WordPress専用サーバーであるwpX Speedは、サーバー移行も簡単に行うことができます。

しかし、あまり詳しくない人からすると、wpX Speedの公式マニュアルを見てもよく分からない場合もあると思いますので、そのような人でも分かるように詳細に解説をしていきますね!

また使っているプラグインによっては、うまく移行できないケースもあります。

解決方法も記事後半で解説しているので、一度最後まで目を通してから移行作業を行ってみて下さいね!

WordPressブログをXサーバーからwpX Speedへ移行する方法

まずは全体的な作業の流れを解説します。

  1. WordPressとプラグインを最新版へ更新する
  2. FTPソフトを使ってWeb認証を行う
  3. wpX Speedへドメインを追加する
  4. WordPress簡単移行で移行する
  5. 動作確認
  6. ネームサーバの設定変更

この手順に沿って移行作業を行うことで、WordPressを移行することができます。

では、1つずつ詳しく解説していきますね!

 

1.移行前にWordPressやプラグインを更新しておく

XサーバーからwpX SpeedへWordPressを移行すると、WordPressが最新版へ更新されます。

最新版のWordPressに対してプラグインが更新されていないと、ブログの表示が崩れたりちゃんと表示されなかったりする可能性もあるため、移行前にWordPressとプラグインを最新版へ更新しておくとスムーズです。

とはいっても、これまで全く更新していないという人がいきなり最新版へ更新してしまうとブログが表示されなくなったり、真っ白になってしまうなどのトラブルも起きる可能性があります。

WordPressとプラグインを安全に更新方法を下記の記事で解説しているので、参考にしながら最新版へ更新されて下さい。

⇒【誰でも簡単にWordPressやプラグインを安全に更新する方法

2.FTPソフトを使ってWeb認証を行う

wpX Speedへドメインを追加する時、4つの方法が提示されます。

  • Whois認証
  • Web認証
  • メール認証
  • CNAME認証

今回は、Web認証で行っていきますが、そのためにはFTPソフト使って[wpX .html]というファイルをアップする必要があります。

FTPソフトをインストールしていない人は【wpxサーバーにFFFTPをインストールする方法】を参考に、事前にインストールしXサーバーとFFFTPを接続しておきましょう。

 

まずは、wpX Speedにログインして[ドメイン管理]内にある[ドメイン追加設定]をクリックし[ドメイン追加]タブの画面で、追加したいドメインを入力します。

 

入力したら[ドメインの追加(確認)]をクリック。

 

 

すると、下記のようにドメイン追加方法が4つ提示されるので[Web認証]にチェックを入れます。

 

 

下の方にスクロールし、Web認証のところにある[wpx.html]と書かれたリンクをクリックしダウンロードします。

※ダウンロードしたら、デスクトップなどに移動させておくと探しやすいです。

 

次に、FFFTPを開いて追加したいドメイン名の[public_html]をクリック。

 

 

先ほどダウンロードした[wpx.html][public_html]内へ移動させます。

これでWeb認証の準備が完了です!

 

3.wpX Sprrdへドメインを追加する

Web認証を行うための準備が完了したら、[ドメインの追加(確認)]をクリックします。

 

 

上記の画面になったら、無事にドメインが追加されています。

念のために、[ドメイン追加設定]⇒[ドメイン一覧]タブを開いて追加されているか確認しておきましょう!

4.WordPress簡単移行で移行する

ドメインの追加が終わったら、[WordPress簡単移行]をクリックしてWordPressを移行していきます。

①移行元サイトアドレス:SSL化しているのであれば[https]を選択し、ドメインを入力。(例:vilogger01.com)

②移行元WordPressのユーザー名:WordPressにログインするときのユーザー名。

③移行元WordPressのパスワード:WordPressにログインするときのパスワード。

④移行後サイトアドレス:①と同じようにドメインを入力。

 

入力したら[WordPressを移行する(確認)]をクリック。

状況にもよりますが、およそ5分~10分ほどすれば移行が完了すると思います。

WordPressの移行が完了すると、下記のように[データ移行完了(100%)]と表示されます。

※5分~10分ほどしたら、画面を更新するとこの画面になっていると思います。

 

これで無事にWordPressが移行されました!

 

ただこの状態はまだXサーバーでWordPressが動いている状態です。

完全にwpX SpeedでWordPressを動かすにはネームサーバーを変更する必要があります。

 

「よし!さっそくネームサーバーを変更しよう!」

 

と、その前に・・・

wpX Speedのネームサーバーに変更する前に、動作確認を行っておきましょう!

万が一、ネームサーバーを変更してからブログが表示されないなどのトラブルが起きるとも限りませんので、必ず動作確認を行ってからネームサーバーを変更して下さいね!

 

5.動作確認

動作確認を行うには、自分が使っているPCでのみ、ブログが表示されるかを確認していきます。

なんだか難しいように感じるかもしれませんが、しっかりと解説していきますのでご安心くださいね^^

まず、メモ帳を管理者権限で開いておきます。

(※Windowsの場合、[スタート]⇒[Windowsアクセサリ]⇒[メモ帳]⇒右クリック⇒[その他]⇒[管理者として実行])

 

 

メモ帳を管理者権限で開いたら、[エクスプローラー]などから次の順番で[hostsファイル]というものを開いていきます。

Windowsの場合:[ローカルディスク:C]⇒[Windows]⇒[system32]⇒[drivers]⇒[etc]⇒[hosts]

Macの場合:[etc]⇒[hosts]

 

 

hostsファイルをダブルクリックし、メモ帳で開きます。

hostsファイルの1番下にエンターキーで改行し、[サーバーのIPアドレス][半角スペース][ドメイン]を入力して上書き保存をします。

 

サーバーのIPアドレスは、wpX Speedの[サーバー情報]で確認できます。

上書き保存をしたら、実際にブログのURLを入力して表示されるか確認してみましょう。

無事に表示されれば、問題なく動作するということになります。

※動作確認後は、hostsファイルに追記したものを削除して、再び上書き保存をしていて下さい。

 

6.ネームサーバの変更

最後に、ドメインを取得したサイトでネームサーバを設定変更すれば作業完了です!

私がおすすめしているムームードメインを例にネームサーバの設定変更方法を解説していきます。

 

ムームードメインにログインしたら、ネームサーバーを変更したいドメインをクリック。

 

Xサーバーのネームサーバーになっているので、これをwpXのネームサーバーに変更していきます。

下記よりコピペしてもOKです!

ns1.wpx.ne.jp

ns2.wpx.ne.jp

ns3.wpx.ne.jp

 

変更したら[ネームサーバ設定変更]を忘れずにクリックしましょう。

これで完了です!

ここまできたら、旧サーバー(Xサーバー)は解約してしまって大丈夫です。

 

移行する前に削除・停止しておくべきプラグイン

wpX Speedにワードプレスを移行する場合、プラグインが邪魔をしてうまくいかない場合があります。

主にセキュリティ系プラグインとキャッシュ系プラグインが原因となる場合があります。

私がブログで紹介している下記の2つのプラグインを使用している場合は、事前に削除・無効してからサーバー移行を行うようにして下さい。

  • Contextual Related Posts
  • All In One WP Security

Contextual Related Postsは削除する

Contextual Related Postsは、関連記事を表示させるプラグインです。

このプラグインが入っていると移行が行われなくなるため、事前に削除をしておく必要があります。

そして必ず削除前に、[Setting]⇒[Delete FULLTEXT indices on uninstall]チェックが入っていることを確認してから削除をして下さい。

 

※wpX Speedへの移行作業が完了したら、再度Contextual Related Postsをインストール・設定する必要があります。

参考:【Contextual Related Postsの設定方法

 

All In One WP Securityは停止にする

All In One WP Securityは、WordPressのログイン画面のURLを変更するセキュリティ系プラグインです。

このプラグインが有効化されていると、移行作業時にWordPressにアクセスできないため無効化して通常のログインURLに戻しておく必要があります。

[プラグイン]⇒[インストール済みプラグイン]⇒[All In One WP Security]を停止させておきましょう。

 

ただし、WordPressダッシュボードのURLをお気に入りに入れていたりすると、URLが変更されているためアクセスすることができなくなります。

ダッシュボードへアクセスする際は、wpX管理パネルの[インストール済みWordPress一覧]からアクセスするようにしましょう。

 

※wpX Speedへの移行作業が完了したら、再度All In One WP Securityを有効化し設定する必要があります。

参考:【【対策必須】ワードプレスをハッキングから守る方法!セキュリティ強化!

 

それでも移行できなかった場合の対処法

上記のプラグインを削除・停止することで移行作業は問題なく行うことができますが、人によっては他のプラグインが原因でうまく移行できない場合もあるかと思います。

その時は、wpXに問い合わせてみると解決方法を教えてくれます。

wpX管理パネルの左サイドバーの1番下にお問い合せのリンクがあるので、そこから問い合せてみて下さいね!

 

特化型ブログのノウハウを発信中!

ブログでは書いていない、特化型ブログに関する濃いノウハウをポイント制無料メルマガで配信中です!

ポイントが溜まると、他では絶対に受けられない特典が無料でゲットできます!!

(例:プロブロガーによる記事添削など)

 

特典目当てで登録される方も多数おられますよ^^

ぜひこの機会にご登録くださいね!

無料メルマガに登録!

 

kumo3

コメントを残す