自宅やオフィスの椅子をバランスボールに変更し健康ブログ生活を!

最近、引越し先でのデスクチェアを探しているときに、
ふと思い出したことがありました。この記事です。

その記事を見たときは、
バランスボールを椅子にする!
という発想はありませんでした。

しかし、実際にヴィロガーになってみて、感じたこと。
それは、「椅子に座っている時間が長い!」ということです。

最初はいいのですが、時間が経つにつれて、
だんだんと腰が曲がってきてしまいます。

長い日では、一日10時間も椅子に座って作業していることもあります。

腰痛

このままではまずい!!そう思いだしました。。。



そんなバランスボールを椅子にするという発想を持ったあなたに向けて!!!

 

バランスボールに合うデスク選びや、椅子の高さに合わせる方法などをご紹介します!!!

 

ばらんすぼーるって??

バランスボールについて調べだしました。
調べていくにつれて、バランスボールの良い面をどんどん知っていくことが出来ました。

【メリット】

・変な姿勢では座れないので、自然と姿勢がよくなる。
・椅子としてだけではなく、エクササイズにも使える。
・必要ないときは、空気を抜いてしまっておくことが出来る。
・椅子に比べて、接地面が少ないので、坐骨神経痛にも効果あり

【デメリット】

・転がる
・蒸れる。
・空気が漏れる。

 

でも、バランスボールを椅子にするときに、何に気をつければいいんだろう。。。

なかなか、良いサイトや記事が無かったので、まとめます。

バランスボール椅子サイズ

まず、椅子と使用するので、高さが重要です。
高さは、机を中心に考えます。

バランスボールを使う予定の机があると思います。
その机と一緒に使っている椅子の高さがちょうどよければ、
その高さになるバランスボールを買えばいいんです!!

しかし、ウェブ上には、こんな情報が出回っています。。。
150~165cm:直径55cm
160~175cm:直径65cm
175cm~ :直径75cm

少し冷静になって考えてほしいのですが、
150センチだから低い机に、180センチだからといって高い机に座っていませんよね?

なので、椅子の高さを調べて購入するのがいいと考えました。

デスクに対して、バランスボールが大きすぎると、
猫背になり、逆に腰を痛めてしまう可能性もあります。

私が思うに記事になっている会社は、腰を痛めてしまうのではないかと心配になります。
皆さんはどう思いますか?

座ったときに40センチくらいになるものを選ぶ

選ぶ決め手は、身長ではなく、体重です。
なので、バランスボールは、体重によって、65センチもしくは、75センチから選ぶのがいいかと思います。

※参考までに、
机高さ
机の高さの目安は、作業する姿勢で上腕を垂直にし、
肘を90度程度に曲げた時、キーボードに自然に手指が届くくらい

バランスボールを選らぶ

調べるとすばらしいバランスボールがあることがわかりました。
純粋にほしいと思ったのがこれ。
ウィルネスボール

しかし、問題がありました。

値段が、、、31,000円税抜きもするのです。。。

初めてのバランスボールにしては、ちょっとハードルが高いなと思い断念

2,000円以内のお手ごろバランスボールからまず始めることにしました。
調べてみると、本当にたくさんのバランスボールがあるんですね。。。
迷いましたが、「アンチバースト」「ノンバースト」になっているもので、
色が6色から選べるバランスボールに決めました。
※アンチバースト、ノンバーストは、割れないわけではなく、
二層構造になっていて、割れてもすぐにはしぼまず、ゆっくり空地が抜けていくタイプ

 

割れるはしますが、一気にしぼむことがないので怪我や事故などを防ぐことが可能です。

参考までに、私が購入したバランスボールは下記のタイプです。♪

 

 

バランスボールを椅子に記事作成をしましょう

2,000円以下で手ごろにはじめれるので、イイナと思った人は是非♪

健康は大事だと日々実感しています。
腰が痛いのと、おさらばしましょう♪

まとめ

バランスボールは、とっても体に良い。
しかし、高さを間違えると猫背になってしまったりと、逆に腰を痛めてしまう可能性も有る

座りやすい高さとしては、基本的に65センチのバランスボールを購入し、空気の入れ方で調整すればよい。
<スポンサードリンク>


kumo3

コメントを残す